AQUAの特徴

税理士法人アクアにおまかせください

税理士法人アクアでは、毎月巡回監査を行い、過去会計、未来会計、書面添付を徹底しています。

1. 巡回監査

月次巡回監査とは、毎月最低でも1回は、事業所を訪問し会計帳簿や書類などのチェックをします。

巡回監査

帳簿と請求書などの書類とを必要に応じて突合することにより決算書もしくは試算表の正確性、適法性を確保することができます。同時に帳簿記帳の適時性も確保できます。
さらに、月次巡回監査を通じて経営判断に役立つタイムリーな情報をオーナーに提供させていただきます。

月次巡回監査を行うことによって…

  • 質問や疑問がすぐに解決します。
  • 最新業績がわかります。
  • 将来の経営方針をいつでも考えられます。
  • 「決算の時に税金いくらかかるんだろう…」といった不安が解消されます。

2. 過去会計

過去会計とは現状の業績をしっかりと把握するということです。
まずは現状を把握しなければ、未来の計画も作成できません。
月次決算により実績を整理し数値化することで、今の経営成績、財政状態、資金繰りを把握することができます。また、過去との比較や他との比較を行うことで、業績向上、悪化の原因を見極めることができるようになります。

どんぶり勘定体制から月次決算体制へ
月次決算とは、「毎月」決算を行うことです。今日のように市場の変化が速い社会では、月々の正確なデータは、オーナーが意志決定を行う上で重要となります。オーナーの勘に頼る経営から抜け出して、数値分析に基づいた経営を行いましょう。

税理士法人アクアが月次決算体制の構築を全力でサポートいたします。

3. 未来会計

過去会計を行い、業績をしっかり知ることができたら、今後の目標を立てましょう。
未来会計とはオーナーの思い(目標)を数字で見える化し、その目標に向かった計画をたてるということです。

未来会計

オーナーの目標を基に過去会計(月次決算)と未来会計(経営計画)との比較(予実管理)を行い、計画の見通しや変更がないかを検証しましょう。予実管理を行うことで今後の対策を早期に打つことができます。


税理士法人アクアでは経営計画の策定から計画と実績の検証までトータルにサポートさせていただきます。期末業績予測納税予測についても月次巡回監査を通じて定期的にご報告いたします。

4. 書面添付

書面添付制度とは、税理士がどのように一年間顧問し、どこに注意して決算書や申告書を作成したかを税務署へ申告できる制度です。

書面添付を行うことにより、税務署が税務調査を行おうとした場合は、添付書面に記載された事項に関して税理士が意見を述べる機会(意見聴取)が与えられます。その意見聴取の段階で問題点が解決すれば、税務調査は省略となります。

また、書面添付を条件に融資利率を引き下げる金融機関もあり、書面添付がされている決算書、申告者は金融機関等の第三者に対する信用性も高まります。

税理士法人アクアでは、書面添付制度を活用し、オーナーが時間を割いて税務調査に対応しなければならないリスクを減らします。

5. 営業時間外打ち合わせサービス

営業時間外打ち合わせサービス

税理士法人アクアでは飲食店のお客様を対象に平日の営業時間外土曜日にも打ち合わせサービスを行っております。このサービスは、個別予約制となっておりますので事前にご連絡をお願いいたします。お客様のご都合に合わせて柔軟に日程調整をさせていただきます。

ご相談は当事務所にお越しいただくか、貴事業所に訪問させていただくことになります。まずはお気軽にお問い合わせください。

税理士法人アクアへお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問合せはこちら